税理士に支払う代金

税金税理士の仕事は税金をきちんと納めてもらえるようにサポートする事ですから、相続相談をした場合に受けられるサービスは申告手続き支援などがあります。名義変更をしたい時は税理士ではなく司法書士にあらためて依頼する事になります。相続人の間でもめたら今度は弁護士の力を借りる事になります。無事相続手続きが完了しあらためて財産目録を作りたい場合には信託銀行が力になってくれます。

トータルすると果たしてどれだけの経費がかかるのか、概算でいいので事前に計算しておくといいでしょう。できる限り出費を抑えたい時はどの部分でだれにサポートしてもらうかを決めておいた方が無難です。では税理士単独ではどれくらい必要かと言いますと、一般的には受け継いだ財産の0.5パーセントから1パーセント程度とされています。事務所によって内容が異なる部分ですので、事前にきちんと確認しておくと安心です。

基本的に3600万円以上の財産を受け継いでさらに税金請求があった場合のみの相談ですから、何も言われなければ自分で手続きする分にはそのまま受け継ぐことができます。一般的には、ほとんどの人は税金申告が不要ですから、税理士がこうしたサポートをしてくれるという事だけを頭に入れておけば、万が一の時には頼りになります。

〈参照リンク〉ソレイユ総合ナビ / 相続税対策