税理士と相続相談

相続相談の事案が発生したらどこに相談したら良いのでしょうか。思いつくのは司法書士か弁護士もしくは税理士か信託銀行といったあたりになろうかと思われますが、これらの部門でも相談することはできます。ただし相談する内容が違ってきます。

司法書士は文字通り登記関連の相談になりますから、相続の中身が不動産で名義変更が発生した場合には便利です。次に弁護士に相談するという場合は裁判関係の処理が得意ですから、万が一相続者の間でもめごとに発展してしまった時には大変役に立ちます。ただし法的に定められた相続割合というものがありますから、結局は収まるところに収まるしかありません。

相続相談信託銀行は相続相談とどこでどのように関わっていくのかと言いますと、財産目録を作成するのが主な業務ですから、必要手続きをするための書類作成など素人に難しい部分は、法律の専門家に相談する方が確実です。ある程度物事の整理がついて、財産分与もスムーズにいきそうなめどがたったら、相談する事もあるでしょう。

では税理士と相続相談が関わってくるのはどの部分かと言いますと、相続税申告の必要性が出てきた時です。相続税が発生するのは全相続財産の額が3600万円以上ある時ですから、中級階級の一般市民レベルではあまり関わる事もないかもしれません。さらに相続税が発生する例は、限られた条件下におかれた人たちでもあるのです。

いずれの先生方に相談するにせよ、当然ながら相談料がかかってきてしまいますから、相続相談と一口にいっても相談内容をしっかり吟味しつつ、慎重に相談相手を選ぶことが大切です。