税理士の元々の仕事

税理士そもそも税理士とはどのような仕事をする人たちなのでしょうか。国税庁で定める税理士の定義は3つあります。まず1つ目は、税務の専門家である事です。2つ目は独立した公正な立場にあるということです。そして3つ目は、申告納税制度の理念に基づいて納税義務者の信頼に応え、納税義務の適正な実現を図る事を使命としていることとされています。わかりやすく説明すると、一般市民にを対象にきちんと税金を納めてもらえるようにサポートをする人たちという事になります。

したがって、相続相談に関して税理士ができる最大限の支援は何かと言うと、相続税の申告と納税に関わる部分です。税理士が日ごろ行っている具体的な業務は、確定申告をはじめとする納税に関する手続きや申告の代行などの他に、税務書類の作成などがあります。その他帳簿代行や、万が一の場合の補佐および会社役員として会計に深く関わる場合もあります。そして税務相談も実施していますから、相続相談に関しても、相続税に関わる書類作成や申告について対応しています。

しかしながら相続問題について税理士に相談する人は、実はそれほど多くはありません。これはなぜかというと、税理士に相談するということは極めて特定条件下にある場合に限られるからです。